HOME  >  林業の仕事の流れ

林業の仕事の流れ

伐倒作業

立木搬出の中で伐倒作業は重要な工程作業である。ただ空いている所に倒すのではなく、集材の事・木の傷み具合・作業者の安全など色々な事を想定して倒さなければならない。
倒す方向が決まれば伐倒方向に合わせ、正確に受け口を作る。
次は、ツルの幅に合わせ追い口を切り進めチェーンソーが締め付けられない様伐倒方向に倒れる様に早めにくさびを打ち、作業を正確・安全に作ります。
半人前になるには5年から10年かかります。
搬出の事も木の事も考えて伐倒しよう!一番難しいかもね(◎_◎;)

造材(小切り)作業

集材作業

<架線集材>
架線の取り付け作業員は全国的に見ても非常に少なく、貴重な存在です。わが社では、現在2名の架線国家資格者がいますが、できれば全員に資格取得してほしいです(*´з`)
近畿地方の山林は高低差がはげしく、搬出には高性能機械だけでは対応できない所もあるので架線集材は必要不可欠である!
◎架線取り付けは高所作業になるので怖がらず、頭を使って安全第一に作業をしよう! 
高所作業も重要           安全第一で!           ベテラン仕事士の手作り櫓


架線取り付け作業完成! 

<路網整備>
崩れない地面を選んで路網付けをしています。


今はGPSで山の地形を測って路網をつけます。

搬出作業

大型フォワーダでも搬出します!
山のことなら株式会社 德田林産
【Mail】 yamatoku1994@outlook.jp
TEL:0745-95-2272
FAX:0745-95-2276
お問合せ・ご相談はこちらまで(^_-)-☆
お問い合わせ